初心者でも楽しく稼げるお得な情報を公開!

ブラックジャック

blackjack

日本でもおなじみのカードゲームといえばやはりブラックジャックですよね。21に近づけて近い方が勝利と言う基本原則で1~10までは普通にそのままの数字であり、絵札と呼ばれるJとQとKは「10」として扱われます。

簡単に言うと10が出る確率と言うのは他の手札の4倍以上と言うことになります。さらにAエースと呼ばれる1は11とも1とも利用することが出来ます。

自分の都合のいい方に解釈をすることが出来るのです。

基本用語

○HIT(ヒット)
カードを追加してもらうこと

○STAND(スタンド)
カードを追加しないで現在の手でやめると言うこと

○BUSTED(バースト)
「21」を超えてしまい無条件で負けとなります。

○BLACKJACK(ブラックジャック)
最初に配られた2枚のカードが10・J・Q・Kのうちどれかであり、さらにもう1枚がAエースの場合は21となって完成します。
プレーヤーがブラックジャックだった場合はディーラーはプレイヤーに対して1・5倍支払われます。

それ以外で21を達成しても1・5倍にはなりませんので注意しましょう。また中にはテーブルによって倍率が変わっているところもあるので気をつけましょう。

基本的なブラックジャックのルールです。

応用

○ダブルダウン
プレイヤーに与えられた特権であり、最初に配られた手札を見て、次のカードを必ず引くので賭け金を倍にしてくれという権利です。これを宣言したらどんな手であれ1枚引かなくてはいけません。

doubledown

勝てば儲けが倍になりますが、負けも倍になりますのでここぞと言う時に使いましょう。

○スピリット
ダブルダウン同様のプレイヤーに与えられた特権で最初に配られたカードをみてその2枚のカードを別々に分けてそれぞれ独立させてプレイすることが出来ます。
split
2枚同じカード、「7・7」のようなぞろ目でカードが来たときに宣言することが出来ます。またダブルダウンのように枚数制限もなく普通にブラックジャックを利用できる。

○サレンダー
降伏を意味しており、この手札では勝てそうにもないと思ったら無条件で賭け金の半分を支払うので降伏させてほしいというものです。負けそうになったときに使うことが出来ます。

○インシュランス

ディーラー側がブラックジャックになりそうだなと思ったら保険をかけることが出来ます。ディーラーの2枚のカードのうち1枚は見えていますからその時にエースが表示された場合はインシュランス(保険)をかけますか?という表示がされます。

insurance
ブラックジャックが揃ってしまったら対抗できるのが同じブラックジャックだけとなってしまいます。自分の手がなくてブラックジャックだと思ったらインシュランスをコールしましょう。

ゲームの半分を保険金としてかけます。ディーラーがブラックジャックだった場合は負けたとしても金額は動きませんが、相手がブラックジャックじゃなかった場合無条件で半分の金額がディーラー側に移ってしまいます。

応用編は基本的な用語を覚えてブラックジャックのゲームに慣れてきてからやってみましょう。