カジノゲームの種類

ブラックジャックのルールとゲームの始め方

更新日:

ブラックジャックのルールとゲームの始め方について説明をしていきます。

ブラックジャックは日本でも人気が高く、一度は遊んだことがあるという人もいるかもしれません。シンプルなルールですぐにでも始められるゲームですが、奥が深いのも特徴としてあるので紹介します。

 

ブラックジャックのルール

ブラックジャックのルールは最初に2枚の手札をディーラーから渡され、合計の数字を「21」に近づけていくというルールで「21」を超えたらプレイヤーの自動的な負けとなります。

「21」を超えない限りは何度でもカードを引くことが出来、ディーラーは1枚カードをオープンにした状態でテーブルの上に置かれているため、その数字からディーラーの数字を予想して勝負をします。

ブラックジャックのカードの数え方は「2」から「10」に関してはそのままの数え方で、「J」「Q」「K」の絵柄カードはすべて「10」となります。

「A」に関しては「1」「11」のどちらか好きなほうを自分で選べます。

ジョーカーは使用しません。

ブラックジャックの用語

ブラックジャックをプレイする上で覚えておきたい用語を紹介します。

「ベット/BET」・・・チップを賭けること。

「ディール/DEAL」・・・ディーラーがカードを配ること。

「ヒット/HIT」・・・もう1枚カードを引くこと。「21」を超えるまでなら何度も引くことが可能。

「スタンド/STAND」・・・カードをそれ以上引かずに勝負すること。

「スプリット/SPRIT」・・・同じ数のカードが2枚配られた場合に、手を分けてそれぞれに賭けることがができる。その場合、最初に賭けた金額と同額を追加しなければなりません。

「ダブルダウン/DOUBLE DOWN」・・・次のカードを引いて勝ちを確信したときに元々の掛け金を倍にしてカードを引くことが出来る。ただし追加できるカードは1枚のみ。

「バーストBUST」・・・数字の「21」を超えること。

「インシュランス/INSURANCE」・・・ディーラーの表向きになっているカードが『A』の場合、【A+10(または絵札)】の組み合わせになるとブラックジャックが成立します。そのため、インシュランスはベット金額の半額を追加でベットすることで、ディーラーがブラックジャックだった場合にはベットした額の2倍の配当が貰える。

「プッシュ/PUSH」・・・プレイヤーとディーラーの手札(ハンド)が一緒の引き分け。

「サレンダー/SURRENDER」・・・勝ち目がないと判断した場合の負けを宣言する。ベットの半分は没収されますが、残りの半分はプレイヤーへと戻る。

「ブラックジャック/BLACK JACK」・・・「A」+「10・J・Q・K」のいずれかのカードの組み合わせのことを指し、プレイヤーがブラックジャックの場合はベットが2.5倍になり、ディーラーがブラックジャックの場合は負けとなる。

ブラックジャックの始め方

最初にベット額を決めて、チップを賭けます。

ディーラーから最初にプレイヤーへ2枚カードが配られ、ディーラーは2枚のうち1枚が裏向きになっています。これがスタートの形です。

ディーラーの合計の数字を表向きの1枚から予想しつつ自分のカードを「21」に近づけます。

ディーラーは「17」を超えるまでカードを引かなくてはいけないというルールがあるのでそれに踏まえて自分のカードの数字の合計と比べて勝負します。

カードの合計値が決まったら勝負です。

どちらが「21」に近づけられるを勝負し、勝てばお金が貰え、負ければ没収です。

まとめ

ブラックジャックは日本でも非常に知名度の高いカジノゲームです。

オンラインカジノでも人気が高く、ライブカジノでは週末ともなればかなりの席が埋まります。

基本的にブラックジャックは「21」を超えないように近づければ良いわけです。

インシュランスやダブルダウンなどは滅多に使わないですので覚えなくてもプレイできます。

ルールを聞いたらすぐに理解できるシンプルなゲームです。

是非ともオンラインカジノのライブカジノで本物のディーラーと勝負をしてみましょう。

-カジノゲームの種類

Top

Copyright© オンラインカジノ!ビギナーズクラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.