本場のカジノで遊ぶ際に知っておきたいルールとマナー

オンラインカジノをプレイをしたら必ず思うのが本場のカジノ(ランドカジノ)でも遊びたいと思うのです。

やはり旅行先でかっこよくカジノ場でプレイして楽しみたいって思うはずです。

カジノ場があると聞いてもそもそもカジノのルールが分からなくて尻込みをしてしまう人も多いのですが、そういった悩みもオンラインカジノでルールを覚えてしまえばカジノとローカルルールによって違いはあるかもしれませんが、基本的には同じです。

ここでは本場のランドカジノで楽しく遊ぶためのルールやマナーを紹介していきます。

カジノ場での基本的なルール

楽しくマナーとルールを守って利用することが大切です。

ついつい旅行先だとハメを外してしまう人がいますがカジノは大人の社交場ですので気をつけましょう。

年齢制限はあるの?


カジノ場では年齢制限が設けられていますが、それでも場所によって年齢制限が違いますので事前に入る予定のランドカジノの年齢を確認しておきましょう。

カジノの本場であるラスベガスに関しては21歳から入場が可能です。

ちなみにオンラインカジノに関しても18歳未満のプレイは禁止されているところが、多く、サイトによっては20歳を超えないとプレイできないところもあります。

大体20歳以上が1つの目安ですが、ラスベガスのように21歳以上のケースもあるので年齢が近い人は確認しておきましょう。

証明書は必要?


カジノ場ではパスポートなどを持っていったほうがいいの?って思う人もいると思いますが、大体の場所では簡単な手荷物検査と年齢確認が行われます。

特に日本人は若く見られがちで、20代後半でも年齢確認をされることも珍しくありません。

国や地域によってはチェックフリーで入場できるところもありますが、基本的には必要だと思っておいたほうが良いでしょう。

スーツやドレスじゃなきゃ駄目?

これもカジノによって様々ですが、ここ最近ではある程度のラフな格好でも問題なく入れるところがほとんどです。

ただし重厚な高級志向の雰囲気を大事にしているカジノ場ではしっかりとしたドレスコードが必要なところが場合によっては入場負荷の場合もあります。

また、ある程度ラフな格好が認められるところであっても基本的にビーチサンダルやタンクトップやショートパンツなどの品位を欠くような服装はさすがに駄目です。

カジュアルと言っても男性ならばジャケットを一枚羽織ってオフィスカジュアルぐらいの服装で行くのが無難です。

女性もちょっとお高めのレストランに入るぐらいの格好でいきましょう。

出きる事ならば思いっきり格好つけても良いと思います。恥ずかしいと思うかもしれませんが、ちょっと雰囲気のいい高級感のあるランドカジノでタキシードを着てプレイをするのも良いかもしれません。

カジノは非日常の空間です。かっこつけていい空間なのです。

映画やテレビのドラマのように優雅なひと時を楽しむ為に思いっきり服装などにもこだわって楽しむのも良いかもしれません。

営業時間は何時から何時まで?

ほとんどのランドカジノでは24時間営業です。特にリゾートカジノと呼ばれる大型店舗では24時間いつでも入退場することは可能ですし、中にはホテルと併設しているところもありますから観光地に夢中になってしまって入れなかったということもないので安心しましょう。

お金ってどれくらい必要なの?

カジノランドってどうしても日本では馴染みがなくてテレビや映画の世界の優雅でお金持ちの娯楽と言う印象が付いてしまって大金が必要と思ってしまう人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

小額でプレイを楽しみたいと言う人も多く、一回のプレイに時間がかかるものだった場合は長く1時間でも2時間でも楽しむことが出来ます。

とはいえやはりリゾートカジノ系はちょっと高めに設定されているので思う存分楽しみたいと思ったら5万円ぐらいのお金を持っておくようにしましょう。

もちろんハイローラー向けのテーブルや最低ベッド金額が設けられていたりするので本当に一般の人から富裕層と呼ばれる方たちまで多くの方が楽しめるのがカジノの特徴でもあります。

チップの色や種類


チップの色によってその価値が分けられています。デザインはカジノによって変わっていますが、大体色は共通していることが多いです。

色がカジノごとで違ったりしたらプレイヤーが困惑してしまったりとトラブルを避ける為にある程度共通していることが多いです。

また色以外にもチップの中央に数字がちゃんと載っているので確認をしておきましょう。

5ドルは赤・25ドルは緑・100ドルは黒・500ドルは紫・5,000ドルは茶・25,000ドルがオレンジになっていることが多いです。

なかなかオレンジのチップが置かれている所は見ているだけでも盛り上がりますのでテーブルに置かれているチップが何色かを見て回るのも楽しいです。

カジノ場で喫煙できるの?


日本ではタバコが法律上許されていますし、公共の場で吸っていたとしても問題ないですし、歩きタバコは罰則が取られるかもしれませんが、まだ重い罪にはなりません。

この考えでタバコを吸ったりすると海外では重い罰金が処されたり、逮捕されてしまうので海外旅行に行く時は注意が必要です。

今は世界中で禁煙の流れになっていますので気をつけましょう。

ではカジノ場ではタバコが吸えるのか?って言ったら場所によります。

タバコや葉巻が吸える喫煙スペースが設けられているところもあれば、完全禁煙のカジノ場もあります。

逆に場所によっては国で喫煙が禁止されているのにも関わらず、カジノ場だけは喫煙しても良いという場所もあります。

愛煙家の方はやはりカジノ場でタバコなどを吸いながら勝負をしたいという人もいると思いますので事前に調べてから行くようにしましょう。

結構カジノ場ではタバコが吸えると思っていったら禁煙だったと言う場所もあるので気をつけましょう。

食事はどこで取るの?


意外と食事をどうすれば良いのか分からなくて迷ってしまうと言う人もいます。

カジノにあるレストランは高級レストランのイメージがあるかもしれません。たしかに名だたるレストランがお店を構えていたりして、イタリア・フランス・中華・和食など様々なお店が入っています。

しかし、高いお店だけではなく簡単に食べられるファーストフードのお店もカジノ内、もしくはカジノの近くにありますので、食事に関してはちょっと疲れたから息抜きしたいと思って外に出ても良いでしょう。

またカジノ内ではお酒が無料で振舞われています。

お酒が好きだという人は嬉しいかもしれませんが、アルコールが回ると冷静な判断が出来なくなるので、景気付けに一杯ほど飲むぐらいに抑えておきましょう。

カジノ場でしてはいけないこと


カジノ場は楽しく遊ぶ分には非常に楽しめる非日常空間です。

また日本ではカジノ場はないので今後出来るとしてもやはり海外へ行ってリゾート地で味わうカジノ場はとても楽しめてついつい羽目を外してしまうということになりますが、そこは海外であり、日本とは違うので気をつけましょう。

日本は処罰が緩いとされていますが、海外ではルールが違ったり、刑の重さなどが違うので軽はずみでしてしまった行為が悔やんでも悔やみきれないことになってしまいます。

不正行為をする


イカサマは絶対に駄目です。日本では厳重注意や出入り禁止で済むかもしれません。警察に引き渡されても刑は軽いというケースも多いですが、海外では日本とは比べ物にならないぐらいに重い刑が処せられてしまうこともあります。

カジノは常にイカサマを対して目を光らせています。それこそプロのイカサマ集団などに対しても常に監視カメラでチェックをしており、その厳重さは映画さながらのセキュリティを誇っています。

絶対にしてはいけません。もしイカサマをしてばれてしまったらどの国であろうともかなり重い刑になるでしょう。

複数台のかけ持ちをする


日本のパチンコやスロットで遊んだことがあるという人は分かるかと思いますが、複数の台をかけもちして遊ぶのは禁止されています。

人気の台やあたりそうな台が複数あって迷ったとしても原則は1人1台です。

複数の台を掛け持ちして行ってしまうのはマナー違反でもありますのでやめましょう。

大げさに騒ぎすぎない


大当たりが出た!とかでついつい騒いでしまうこともあると思いますし、みんなでワイワイとやっていたら熱が入りすぎてしまってドンちゃん騒ぎしてしまったということもあるかもしれません。

もちろんある程度であればギャンブルをしていたら盛り上がってしまうのは仕方ないですし、当然だと思います。

ただし、集団になると過度に騒ぐマナーのなっていない人も出てきてしまいます。

そういったグループはやはり他のテーブルでプレイされている方が不快に思ったり迷惑に感じてしまうので控えるようにしましょう。

ディーラーを罵る


ギャンブルで負けが続いてしまうとついつい暴言などを吐いてしまう人が居ます。

ディーラーなどを罵ったりバカにしたりする人もいるようです。テーブルを叩いたりして八つ当たりをする人もいるでしょう。しかし、ディーラーはカジノの顔とも呼ばれる人たちでもあります。

そういった人たちを罵るというのはカジノでは暗黙のルールで禁止されています。

そもそも不正行為をしているだろとディーラーに言ったりしたらカジノ場を批判していることになるので、すぐにボディーガードや警備の人に注意されたり、酷い場合だとカジノ場から退場してもらいそのまま出入り禁止になってしまうので絶対にしてはいけません。

ディーラーが穏やかに注意をしている時点ですぐに止めましょう。

まとめ

オンラインカジノで遊んでルールを学んだら是非ともランドカジノに足を運んで非日常を楽しんでみましょう。

特にリゾートカジノ場は豪華絢爛で、一日中遊べる場所でもあります。

是非とも大人の社交場で楽しむようにしましょう。

またカジノ場での禁止行為というのは普通にしていればまず基本的には何もありません。

明らかに誰が見ても不快感をしますような人にはご遠慮してもらうというカジノ側の配慮でもありますので神経質にならないで大丈夫ですし、横暴な態度や行動をする人に対しては毅然とした態度をしてくれると思えば良いので、普通にワイワイ楽しむ分には問題ないのでとことん楽しみましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。