オンラインカジノは法律的に違法?合法?

オンラインカジノの利用者の数は確実に増加傾向になっています。

しかし、そんな中で今一歩利用するのに気が引けてしまう人も当然いるわけです。

その理由としてオンラインカジノが違法ではないのか?という疑問が沸いてしまうためでしょう。

GoogleやYahooなどで検索をした際に必ずといっていいほど、違法というワードが出てきます。当然違法だったら利用したくないわけですよね。

まず最初に結論を言うと「違法ではありません。

それを踏まえた上で違法ではない理由と過去に起こった事件を含めて紹介していきます。

オンラインカジノを取り締まる法律が無い

最初にオンラインカジノが違法ではない理由としてオンラインカジノを取り締まる法律自体がまだないためです。

ただ、こんなことを言うと法律の隙間をぬった形で営業をしているという捕らえ方をするかもしれません。

また他のオンラインカジノサイトではグレーゾーンみたいな表現をしています。

ただ、これは法律がないということで別に悪いことをしているわけでもありません。

そもそもオンラインカジノは海外のサービスであり、カジノが認められている国で運営されており、それを日本からでもアクセスできるようにしています。

インターネットの法律としては海外の法律に従うとされていて、法律に則っています。

ですから取り締まる対象にそもそもなりません。

例えばこれが日本でオンラインカジノを運営していたということがあれば当然逮捕されてしまいますし、過去に逮捕された会社もありました。

多くの人が日本でオンラインカジノをプレイすることに関して不安視されているかもしれませんが、そもそも違法であった場合、日本からオンラインカジノ自体が徹底をしていますよね。

むしろ日本に向けて新しいオンラインカジノは続々と登場しています。

またさらに安全な理由について掘り下げていきましょう。

ライセンス制度による健全性が保たれている

オンラインカジノは誰もが簡単に運営をできるというものではありません。

それこそカジノが認められている国や領・島において厳しい審査をクリアしたところだけが政府からライセンスが発行されます。

このライセンスは場所によって難易度が変わるのですが、厳しいところだと上場企業でも審査から落とされてしまったりもするわけで非常に厳しいものです。

政府が管理・発行しているため、プレイヤーは安心して利用することが出来ますし、運営会社側としても所持していることで公平な運営をしているアピールに繋がります。

変なところが運営をしているわけではないのです。

プレイヤーが逮捕された件

オンラインカジノでは過去にプレイヤーが逮捕された事件がありました。

逮捕されたのであればじゃあ違法じゃないか!って思ってしまうかもしれません。

どうしても「逮捕=違法」というイメージがついてしまいますよね。

ただこの真相は「略式起訴」と「不起訴(無罪)」ということになっています。

略式起訴というのは簡単に言ってしまえば罰金刑であり、長引く裁判などをしたくない。だったらいっそのこと自ら罪を認めて10万~20万円の罰金を支払ってそれで終りというシステムです。

SNSやブログなどで自分の収支を公表していたりしていた人が逮捕にいたり、多くの人がこの略式起訴を受け入れました。

しかし、一人の方が逮捕されたことを不服として裁判として争う姿勢を見せました。

これを受けて検察側はすぐさま起訴を取り下げて不起訴(無罪)としたのです。

裁判になったらすぐに不起訴としたの?って不思議に思うかもしれませんが、これは警察としては何とかしてオンラインカジノの利用者を減らしたいと考えていたわけですが、現状の法律では「違法」とすることが難しいため、とりあえず逮捕をすることでオンラインカジノ業界全体のイメージをダウンさせる狙いがあり、略式起訴によって利用者の数を減らすことが狙いだったのでしょう。

実際に略式起訴されたことでプレイヤーは一時期離れていきました。

しかし、まさか裁判で争う姿勢を見せるとは思わなかったので不起訴にしたのです。

これによって逆にオンラインカジノの安全に利用できると言う証明にもなったわけです。

過去の判例を重視し、一度でも不起訴としたものに関してはよっぽどの事件性、違法性が認められなければ逮捕されることはありません。

一度不起訴、つまり無罪として、さらに別に法律に違反しているわけでもない、政府から認められている健全なサイトを利用しているだけですから逮捕される可能性自体が限りなく少ないと言えるでしょう。

このプレイヤーが逮捕され、不起訴されたということが皮肉もプレイヤーを増やすこととなったのです。

まとめ

オンラインカジノは今現在違法でも合法でもないところですが、過去の事件を見ても分かるとおり違法ではありませんし、よっぽどのことがない限り違法と断ぜられることもないでしょう。

検察が一度不起訴にしたものを再び逮捕して裁判をするということは考えづらいです。

オンラインカジノによる法律が誕生したのであればまた状況が変わるかもしれませんが、今現在では安心して利用することが出来ます。

とはいえSNSやブログで目立った発信をしたりすれば当然目をつけられてしまいますのでそういったことは控えて普通に勝負を楽しむようにしましょう。

関連記事

  1. オンラインカジノを利用するメリット

  2. 安全に利用できる優良サイトの特徴

  3. オンラインカジノと税金

  4. オンラインカジノとは

  5. 初心者必見!オンラインカジノを始める際の手順