オンラインカジノと税金

オンラインカジノは税金がかかるのかどうか?これはインターネット上でも非常に検索されていますし、色々なサイトでも言われています。

まず最初に結論だけ言うとオンラインカジノは税金がかかります。

多くの人はなぜオンラインカジノだけが税金が発生するの?他のギャンブルでは税金を支払うなんて聞いた事がないでしょう。

オンラインカジノで税金がかかる場合はどんな書類が必要でいつ提出する必要があるのかなど分からない事だらけだと思います。

普段は会社に任せているという人が多く分からないことが多いと思いますので1つ1つ説明していきます。

どうして税金がかかるのか?

最初に言ったようになぜオンラインカジノに「だけ」税金がかかるの?海外のサービスだから?って思うかもしれませんが、実はそれは勘違いで、ギャンブルというのはそもそも税金が発生するのです。

ギャンブルだけではなくて商店街の福引の懸賞品などの賞金で得たお金もかかります。

税金の区分で言うと「一時所得」呼ばれるものです。

でもギャンブルをしていて税金を払ったことがない!払っている人を見たことが無い人がほとんどですよね。

簡単に言えば記録に残らないということでそこは大目に見られています。

例えば競馬や競輪やその場で現金で渡されます。またパチンコやスロットというのは換金所に行きその場で現金に換金されます。

税務署としても記録が残らないためお金の流れを把握しづらいということから見逃されているのですが、オンラインカジノの場合は入金の流れが銀行を経由して支払うことになります。

お金を引き出す時もお金を一旦銀行に渡りそこからプレイヤーがお金を引き出すため記録に残りお金の流れがばっちりと把握できるため税金を支払うことになります。

本来であればギャンブルや景品に関しては「一時所得」という税金を払うことがあるということは覚えておきましょう。

確定申告をしよう

税金を納めるためには確定申告を行う必要がありますので確定申告をする際に必要な計算方法、手順や書類や期限、注意すべき点を説明します。

一時所得の計算式

オンラインカジノで稼いだお金は一時所得に当たるのですが、具体的に計算方式としては

『一時所得』=【収入金額】-【支出金額】-【特別控除額 (最高50万円)】

オンラインカジノで勝って儲けたお金から賭け金を引いて、さらに特別控除額(最高50万円)を引いたお金が『一時所得』にあたります。

つまり、儲けが50万円以下の場合は申請をする必要がないのです。

ただし、オンラインカジノは還元率が95%~98%とも言われていてさらに日本とは比べ物にならないほどの大勝ちをすることもあるので、計算方式は覚えておいたほうが良いです。

また、気をつけなければいけない点として【支出金額】に損失額は含まれないという点です。

つまり勝ったときの支出しか【支出金額】に含んではいけないということです。簡単に言えば「勝つたびに課税される」ということです。

よく年間のトータルの収支で計算をしてしまう人がいますが、それだと納税する時に計算が合わないのでミスをしてしまいます。

ですからまずオンラインカジノを利用する際には必ずプレイするたびに収支をつけることが大切です。

ただ、これはギャンブルをする上でとても大切なことです。自分の収支を把握しておかないとギャンブルにのめりこんでしまい大変危険です。

収支をきちんとつけることで冷静なプレイをすることが出来るようになりますので収支はプレイした日に付ける癖を身につけたほうがいいです。

確定申告に必要な書類

確定申告を行う際に必要となる書類は以下のとおり。

・支払調書(年末年始頃に、オンラインカジノ側から受け取る
・源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始頃に企業から受け取る)
・経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要)

支払い調書というのは自分で収支をつけているものがあればプリントアウトしてもいいですが、オンラインカジノ側も確定申告の時期はある程度理解しているので親切なところだとオンラインカジノ側から「支払い調書」は必要ですか?聞いてくれたりもします。

チャットなどで支払い調書が欲しいですって聞いてみたらすぐに対応をしてくれます。

他は源泉徴収などは企業がもら会えますし、経費といってもオンラインカジノの場合は特にありません。

実質的に必要なのは支払い調書ですが、パソコンやスマホを新調した場合は経費として落とせるかもしれませんのでインターネット環境を整えた時は領収書は貰うようにしましょう。

確定申告をする時期と範囲

確定申告をする税金の対象範囲というのはその年の1月1日から12月31日までに稼いだお金にかかります。

そして翌年の2月16日から3月15日までに支払う必要があるのです。

例えば2018年の6月からオンラインカジノを利用したとなれば2018年の12月までの収支を2019年の2月16日から3月15の間に確定申告を行います。

2019年の3月分まで一緒に申告をしてしまう人がいますが、その場合は納税額が大きくなってしまったり、計算にズレが生じてしまって再申告をすることになるので気をつけましょう。

初めて確定申告をする際というのは慣れないことをするので面倒と感じてしまい、なかなか税務署に足が向きません。しかし、のびのびになってギリギリにやってしまった場合、もし書類に不備があった場合もう一度来なくてはいけなくなってしまいますので最初は早めに提出したほうがいいです。

おすすめは確定申告が開始となる2月15日から3日後ぐらい経った平日に行くことをオススメします。最初の日は早く終わらせたいという人が沢山いるのでものすごい行列が出来ます。

それこそアイドルのコンサート会場ぐらい並ぶ可能性もあります。最終週ともなればもっと激コミですので覚悟をして臨んだほうが良いでしょう。

会社勤めの方は注意!

会社勤めの方は普段は経理の方などに確定申告をお願いしていることがほとんどだと思います。

その場合、確定申告書の二面にある給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法という欄の【普通徴収】にチェックを入れることを忘れないでおきましょう。

そうしないと会社に住民税徴収票が届いてしまい、会社に「あれ?所得多くない?副業でもしているの?」って疑われてしまいます。

とはいえ本来は普通徴収にチェックは入れないので頭の切れる人の場合は普通徴収にチェックを入れただけでなにかしらの収入を得ているな?って感が働きます。

ただ、普通徴収にチェックを入れてさえおけば会社には住民税徴収票が届かないので企業にお勤めの方は必ずチェックを入れるようにしてください。

また副業禁止のところの場合は事前に伝えておくこともいいでしょう。友達に誘われてオンラインカジノをやったらビギナーズラックで当たってしまってといえば別に副業ではないので問題はありません。

状況に合わせて対応をしましょう。

まとめ

オンラインカジノには税金がかかり、どうしても確定申告を自分で行わなければいけないという面倒があります。

それは仕方の無いことです。

面倒だから申告しなくても別に問題ないでしょ?って思うかもしれませんが、必ず申告を行うようにしてください。

そうしないと申告漏れとなり追徴課税になってしまいます。

はっきり言って税金関係は知らなかったでは済まされません。きちんと毎回収支をつけて確定申告で報告をするだけでいいのでなれないことかもしれませんが、あわてずに行うようにしましょう。

関連記事

  1. オンラインカジノを利用するメリット

  2. 安全に利用できる優良サイトの特徴

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。